FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の率直な釈明に、多少裁判官が反応した感じに見受けられた。
しかし、検察はそうではない。調書に指印をとったからには鬼の
首でもとったかのように追及してくる。弁護士は、大半が説明する
だけで真向こうから反論するには至らなかった。とても、検事に
対抗できるような状況とは感じとれなかった。私の弁明の機会も
少ない。これで裁判官は正当な判断ができるのだろうかー不安に
不安を呼んだ。次は、結審である。これで大丈夫なのか。そんな
気持ちで今日の裁判を終えた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://justice001.blog115.fc2.com/tb.php/35-55dc002c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。