FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ高裁の結審の時が来た。地裁と違って
熱のこもらない静の裁判?その結論の出る時
である。居眠り裁判長がどう判断するか。
いわゆる、こちらはまな板の鯉だ。不安が入り
混じって、心が弾んだ。
楢橋裁判長の言い渡しが始まった。小声で聞
き取りにくい。が、「地裁判決を破棄して、4年の
実刑」いわゆる、逆転有罪だ。罪を犯していない
私にすれば絶体の自信があった。何故だ、弁護
士は最高裁に上告するという。しかし、それでは
安心できたものではない。正直、私も混乱した。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://justice001.blog115.fc2.com/tb.php/43-2a098b69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。