FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
囚人にしか経験できないことを何項目か書かせて
もらった。まだ描き切れないことが沢山ある。
しかし、ここのテーマはいかにして冤罪を晴らすか
だ。ある弁護士に相談すると「地裁で無罪だったか
ら、高裁では守りに入ったんだろうな」という。地裁
と高裁は別だから、攻めないとだめだーともいう。
確かに、そうだ。私を事件に巻き込んだ清水公平が
私の裁判で証人として出廷してきた。そして曰く、
「すべてを話している」と、虚偽の証言をした。その
とき、私に反論をする機会を与えてくれない。弁護
士は何も話さないほうがいいと判断したのか、無言
である。偽証を肯定するかのようだ。私は焦った。
また、相談した弁護士はすでに刑期を終え勤めを
果たしたのだからーもうこれ以上のことはいいだろ
うとも受け取れるような態度である。
私にすれば、勤めが終わろうが関係ない。とにかく
冤罪を晴らすまではとことん追求していきたい。そ
のためには、その唯一の証拠になる清水公平の偽
証撤回を行わねばならない。私は、あらゆるネットを
使って清水を追っかけている。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://justice001.blog115.fc2.com/tb.php/55-b65bf2b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。