FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ判決の日になった。これまでの裁判
の流れからして、決して有利な判断は下され
ないだろう。細川裁判長の顔をみても、これま
でとほとんど変わらない。
正直、私も心の中では意を決していた。冤罪
への序章が始まろうとしているかのようだった。
細川裁判長の判決前段の理由が長く続く。
内容を聞くに私に有利になるような文言はない。
指印の失敗は明らかーと、地獄に突き落とされ
る思いで聞いていた。
そして、細川裁判長は「疑わしきは罰せず無罪」
と判決した。
私も興奮したが、どんなに検察が捏造しようが
細川裁判長は、真実を見逃さなかった。立派だ。
裁判後、マスコミが押し寄せた。が、弁護士が
自分たちが対応するといいーわたしにコメントを
させなかった。たぶん、弁護士にすれば無罪を
勝ち取ったとする凱旋将軍みたいな気持ちだっ
たに違いない。検事は、この件を持ち帰って控
訴するかどうかを判断するという。
私は、真実の強さを心に刻んで、家路についた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://justice001.blog115.fc2.com/tb.php/65-b0e81e05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。