検索サイト「グーグル」で名前などを検索すると
逮捕歴などがわかる。男性は検索結果の削除
を求めた仮処分を申し立てた。これまで地裁は
個人情報を消す「忘れられる権利」を認めてい
た。ところが、高裁は「法律で認められた権利
ではない」としって「削除の必要はない」として
申し立てを却下した。この問題は、各地で司法
判断が分かれてをり、やがて、最高裁が判断
を示すみられるが、それにしても東京高裁は
何をかんがえているのだ。犯罪者は、罪を悔
やみ、反省して社会に出てもグーグル検索に
かかって、就職もできない。何のための、刑務
所での懺悔なのか。まして、えん罪者となると
グーグル検索が一生涯続くわけで、たまったも
のではない。東京高裁は、犯罪者の社会復帰
を無視して、一生涯犯罪者のレッテルをつけて
置きたいのか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://justice001.blog115.fc2.com/tb.php/80-e57e5318